錦糸町地区担当者-独り言日記
先日、北朝鮮が核関連施設を再稼働する方針を示したことを受け、中国、韓国などが相次いで遺憾の意や懸念を表明した。中国では中国に駐在する関係国の使節が呼び出され現在の事態への重大な懸念を伝えられた。これらの動きは平国家主席ら中国指導部の意向を踏まえたものであることは間違いないといわれている。懸念を伝えられた関係国には北朝鮮も含まれるとみられる。中国側は、朝鮮半島は中国の隣であり、半島情勢の変化と中国周辺の安定は密接にかかわっていると指摘している。また、北朝鮮を念頭にいかなる挑発的な言動にも、地域の平和と安定を損ねる行動にも反対すると批判しているという。これに関連して、中国外務省も北朝鮮の態度表明を注視しており、遺憾だとしている。北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射した際も遺憾との強い表現を用いていたことから強い警告を促すものであるといえよう。錦糸町のセクキャバサイトも他から警告を受けないように誠意をもって作成しなくては。さらに、対話と協議を通じた解決を主張し、6カ国協議の早期再開も求めている。私の意見としては、北朝鮮の一連の核についての行動や発言は、比較的穏健派の中国にもやり過ぎにみえているようだ。北朝鮮はもっとこれ以上、国際社会からの信頼を失わないよう、外交を進めていく必要がある。


錦糸町セクキャバサイト作成者の独り言画像2
大森セクキャバはここから
日記一覧

▲ページの上に戻る